必見!建築の求人情報サイト6選

ホーム > 建築の求人情報 > 建築関係の求人といっても内容はさまざま

建築関係の求人といっても内容はさまざま

建築関係の仕事の求人と聞くと、大工としての技術と知識を持っている人が求められているというイメージがありますが、建築の仕事は実際に現場で作業をする人たちだけを指すわけではありません。
どんな家を建てたいかという悩みを持っているのであれば、建築設計士に相談することになります。
もちろん大工の棟梁に、こんな家を建てたいけれどもできるかどうかという質問をすれば、答えてくれるでしょう。
とはいえ、家全体の構図を考え、見た目も素敵な家にするには、建築設計士によって家の構想を考えてもらった方がいいでしょう。
特に、こんな家にしたいという希望があるのなら、それを反映した家を作ることができるかを全体的に考えてくれる人が必要だといえます。
そのためには、建築設計士に相談するのが一番です。


建築の仕事の求人で建築設計という分野の専門家が求められるのに加え、建築・土木の技術を持った人たちが求められることもあります。
こちらがいわゆる現場の職人で、実際に家を建てる技術を持っている人の求人募集です。
建築関係の求人の募集では、土木という文字が掲載されていることも多いのですが、土木の仕事は建物を建てる建築とはまた内容が異なります。
土木の場合、道路を作ったり、舗装工事の仕事をメインに行いますので、建築の仕事と絡めて考えるのであれば、例えば更地に家を建てる際、基礎部分をしっかり作り上げる仕事を担うと考えられます。
土の上にいきなり家を建てるわけにはいきませんので、コンクリートを流し込み、鉄筋を立てて土台となる部分を作るといった仕事が該当するのではないでしょうか。


家を建てるにしろ、基礎部分の土木工事をするにしろ、現場で働く人もいれば、建築設計士のように家を建てたい人と話し合い、どのような家を建てるかを頭で考えたり、コンピューターで図面を作る仕事を担当する人もいます。
建物を建てるには、それぞれの専門家が力を合わせ、自分たちができることをそれぞれが行うことで、出来上がるといえます。
そのため、求人募集では実際に建物を建てる人を求めているのか、それとも図面や構造を考える人を求めているのかによって、技術を持っている人が応募する先が変わってきます。
現場の仕事をしてほしいところに建築設計士が応募しても採用されませんし、その逆もまたしかりです。
建築の分野での求人募集は、どんな技術を持っている人を求めているかを見極めることが大事だといえます。

次の記事へ

TOPへ戻る